中越地震最後の退去者 山古志村長だった

懸賞 2007年 12月 31日 懸賞




31日、長岡市の仮設住宅
最後の退去者
地震時に山古志村長だった
長島忠美衆院議員の1世帯。

ほかの住民が退去するのを見届けた長島議員
「全村避難して、住民をここに連れてきたのはわたし
これが自分なりの責任の取り方」と話した。

04年10月の新潟県中越地震で、
ピーク時に約3000世帯
約1万人が生活した中越地震の仮設住宅が
すべて解消された。






Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]

by hanehenID | 2007-12-31 14:42 | 旅  歳時記

<< 自賠責保険  2割引き下げ 1...   ふるさと帰省の足  雪や暴風で >>