彩りいろいろ 散歩日和

懸賞 2005年 02月 11日 懸賞

きょうは、久しぶりにおだやかな晴れ間がのぞいて散歩日和だ。

花屋に立ち寄ってみた。
c0053543_14523756.jpg



彩りもいろいろ。

カンバスに絵の具を垂らしたらこんな彩りになるのかね。

ささやかなスローライフを愉しませてもらった。

二月の寒さが極めるときに、こんな愉しみ方もあるのだ。

ついでにアンティクのお店ものぞいてみくなった。




c0053543_1453224.jpg

c0053543_14523756.jpg


c0053543_1453350.jpg

[PR]

# by hanehenID | 2005-02-11 14:54 | 街 あるき

雨の日には、カラフルな傘さして

懸賞 2005年 02月 10日 懸賞

c0053543_13354827.jpg
きょうは雨です。

天気は毎日コロコロ変わる。

それに合わせて、こちらも気分転換していかなくちゃ。

寒い日には、思いっきり暖かくして、こころ明るく。

c0053543_13343053.jpg
雨の日には、カラフルな傘さして。
晴れの日には、ジャケットなしで、格好つけてマフラー巻いて

デジカメで春をさがしに出よう。

きょうは、そんなことで、うす暗い雨の街の風景を歩く。

花屋さんの店頭だけは明るい彩りが溢れていました。
c0053543_13361426.jpg

[PR]

# by hanehenID | 2005-02-10 13:38 | 街 あるき

心軽やかにミニバイクに乗ったら空気がうまい

懸賞 2005年 02月 09日 懸賞


朝、目を覚ましたら青い空と暖かい陽射しがいっぱい。

めまぐるしく変わるこの頃の天気。また寒い日がやってくる。

こんな日は貴重だ。

大切に使わなくちゃー。

早春の暖かさに浮かれた。

久しぶりにバイクに乗ろう。

風に吹かれて、空気がおいしい。

梅の花ひらき、花もお日様に顔を向けている。

小鳥たちも、枝から枝へ飛びはねている。
c0053543_17485454.jpg
c0053543_17491983.jpg
c0053543_17493987.jpg

[PR]

# by hanehenID | 2005-02-09 17:51 | 街 あるき

旧い街並 歩けば

懸賞 2005年 02月 08日 懸賞

先日の午前、所用があって大阪河内長野の三日市町へ行った。
三日市町は善男善女が高野山詣でをする旧宿場まちだった。

びっくりした。古い駅舎の向こう側に工事中のノッポの再開発ビルが建ちはじめている。

この辺りはむかし、大阪や京都、奈良から高野山詣でに向かう旅人でにぎわった旧高野街道が街を横切っている。
対象地域の家屋は、とりこわされ、同時に、下水工事もはじまっている。

あの旧い街並みはどうなっているのか、気になって足をのばした。

c0053543_23193924.jpg

駅を中心にして西側街道筋の建物の群はひっそりと以前のたたずまいで建っていた。

その風景を見てほっとした。

だが、この辺りの風景はこの再開発で、すっかり変わってしまっている。

車社会にとっての経済性や利便性を追求した結論だろうが、日本全国どこもかしこも個性のない、同じようなかたちのビルが建ち並んでいく。

この街も没個性化していくのだろうか。

c0053543_23191125.jpg

かって、冬のある日、紀見峠から岩湧山への山歩きの帰路、岩湧寺からバスにも乗らず2時間かけて三日市町まで歩いたことがある。

冬の日暮れは早い。降り注ぐ雪が肩に冷たく感じる頃、この高野街道にたどりつく。

道幅5mぐらいの道路の両側に書店、衣料店、たこやき屋がならび、学校帰りの中学、高校生が道草していた。

山登りの帰りにかならず立ち寄る酒屋があった。
店のなかには勤めがえりの数人の客。おばあちゃんが火鉢の暖をすすめてくれる。
夏だったらビールだが、寒さと山帰りの疲れにはお燗の酒がなによりだ。

こうした風景も今はない。
これらの店もすべて取り壊され、無機質なコンクリート道路に生まれ変わった。

おそらく、再開発ビルができると、コンクリートのハイカラビルのなかに街道筋にあったお店は
移転するのだろう。

ここには、ぬくもりのある、人間と等身大のおつきあいが消えていくようで淋しい

c0053543_23193924.jpg

[PR]

# by hanehenID | 2005-02-08 23:27 | 街 あるき